TOP > 治療方法 > 保存療法

保存療法について



変形性膝関節症の治療方法はほとんどの場合、保存療法が採用されます。もちろん重度の症状であれば手術を検討しなければなりませんが、進行期の症状の場合、病院で治療を受けない方はほとんどいません。

また保存療法にはリハビリや装具療法、運動療法、物理療法、薬物療法、などが主体となります。これらの中から、その人の変形性膝関節症の症状に合わせて治療を選んでいきます。

保存療法の中でもっとも大切なのがリハビリ及び筋力トレーニングです。膝の曲げ伸ばしができなければ、膝の可動域を回復する訓練を用います。

また、膝を支えるための筋力トレーニングも大切です。膝関節には可動域を維持すること、そして体重を支持すること、この2つの大切な機能があり、どちらを維持することができなくても負担は大きくなります。

このうち可動域の訓練では、膝をよく温めてから行うことが基本です。関節や筋肉がもっとも高い柔軟性を持っている状態で運動をすると効果が高まります。

蒸しタオルを巻いていたり、入浴時によく膝を温めてから行う、また浴槽内で行う場合もあります。

また、変形性膝関節症の主体となるのが温熱治療です。熱や電気、氷などの刺激などの刺激を与えることで、治療する方法を物理療法と言います。

患部が腫れを持っている場合などはアイシングをし、その後腫れが引いて炎症が治まったら今度は温熱を加えます。

変形性膝関節症では炎症が再発することもありますので、常に痛みの原因をチェックしておくことが大切です。その他、慢性期になっても痛みが非常に強い、という場合は消炎効果が高いステロイド剤や神経ブロック注射などが用いられることもあります。

またこれらの治療は副作用が起こることがありますので、専門医にしっかりと判断してもらうことが大切です。

また変形性膝関節症は進行期以降や初期の場合でも痛みがなかなか引かないことが多いですので、膝関節の状態をよく観察して、治療の方法を自分でも把握しておくことが大切です。

変形性膝関節症を解消する中川式治療法