TOP > 治療方法 > 運動療法

運動療法について



変形性膝関節症の初期、中期の症状では、運動療法をきちんと続ければその効果はかなり期待できます。変形性膝関節症の運動療法では、膝を動かすための筋肉を鍛えることが大切です。

また、膝周りの筋肉を鍛えることもとても大事ですが、その前に膝の関節裂隙を正しい位置に戻してあげることが大事です。この関節裂隙を正しい位置に戻してあげないことには、いくら筋肉を鍛えてもあまり意味がありません。

関節裂隙を元の正しい位置に戻す方法としては、簡単なストレッチがあります。まず、立っている状態からゆっくりと膝を曲げていきます。そして、曲げていくと同時に手を挟むようにして、膝と膝の間に入れます。

そして、完全に座った状態を保ち、その場で20回ほど、屈伸運動をします。この簡単なストレッチを数回行うだけで、関節裂隙を正しい位置に戻すことが出来ますので、一度実践されることをお薦めします。

また、関節裂隙が整ったら、今度は筋力アップを行っていきます。鍛える中心部位は太股や膝の筋肉です。太股の筋力トレーニングでは特に、膝への負担を軽減するように努めます。

つまり、体重を支える筋肉である大腿四頭筋をより強くするように鍛え、膝関節に余計な負担がかからないようにします。歩行習慣をつけることも大切です。軽い歩行から始めて、痛みが出ない範囲で膝をよく使いながら筋力アップをし、全身をリラックスさせます。

また、特に膝部分の可動域を正常に維持するために、ストレッチングも取り入れて筋肉の緊張から保護します。太股の筋力アップは効果が出るまでにしばらく時間がかかります。特に変形性膝関節症を発症してから運動をしていないという場合や、高齢者の方にも顕著です。

適度な量をあらかじめ理学療法士などに教えてもらい、その上で継続させていくと満足感も高くなり、効果も良くなります。また、初めてからすぐに、変形性膝関節症の痛みが軽減していくというケースも多くありません。

特に初めのうちは我慢強く、変形性膝関節症の症状と付き合っていく覚悟が必要になります。歩行練習では効果に気付くということがあまりない場合もありますが、歩行することが好きになってきたりすれば、効果があると言えます。

ストレッチによって血行が良くなり、物事の思考の仕方もスムーズになりますし、面倒と感じていたような日常の動作も楽にできるようになってきます。

これらの運動療法は保存療法と平行させて行うのがほとんどです。また変形性膝関節症の予防対策として、術後のリハビリとしてなど、常に意識しておくことでスムーズな治療が可能になってきます。

復帰目標がスポーツや重労働などの場合でも、まずは基本的な日常生活ができるようになることに目標設定し、筋肉の基本動作を中心に手入れするような感じで進めるのが良いと思います。

変形性膝関節症を解消する中川式治療法