症状について



変形性膝関節症は、時間をかけて進行していき、徐々に症状が重くなっていくのが特徴です。その初期では、朝起きたときに膝に違和感があったり、こわばった感じがして動き始めるのが面倒になったりします。

また、急に立ち上がった際や階段の上り下りなどの際に痛みを感じたり、正座が出来ないなどが挙げられます。

膝の軟骨同士が擦れ合って、軟骨の表面が徐々に傷ついてきます。また歩き方も徐々に変化してきますが、主な原因は膝をかばってO脚に変わってくることです。

O脚になると、歩き方が不自然になります。そうすると、体全体のバランスを崩していき、腰痛や首痛、背中のこわばり感などを訴える方は多くいます。

また進行期では、関節のこわばり感がより強くなってきます。膝の動きも鈍くなってきて、痛みも長く続くようになり、膝に水がたまります。

膝に水が溜まると整形外科などで抜いてしまう方がいますが、それは大きな間違いです。水が溜まるという行為は体の防御反応です。膝は正しい関節の位置を保てないと痛みが発症します。

この正しい関節の位置を保つために応急処置として、体が膝に水を溜めるのです。ですので、水を抜いてしまうという行為は症状を更に悪化させてしまっていることになります。

もし、水をすぐに抜いてしまう方がいれば、そのような行為は止めるようにして、膝関節を正しい位置に保つためのストレッチや運動を行うようにしてください。関節が正しい位置に戻れば、水が溜まることはありません。

また、膝関節の軟骨はすり減ったり、剥がれ落ちたりして、骨への負担が増え、関節自体が変形することで、O脚もより分かりやすくなってきて、歩く体制も見栄えが悪くなってきます。

変形性膝関節症は、痛みが生活に支障をきたすことがほとんどのため、進行期の時期に治療を考えるようになるという方は多くいらっしゃいます。

また、この時期の治療は保存療法で改善できる最後の段階と考えられます。より症状が進行した末期の場合は、痛みが酷くて歩くことも出来なくなり、関節も固まって、ひざを曲げることもできず、手術を主体とした治療を検討するようになります。

段階的に痛みが悪化してくるのが特徴ですが、動作時の痛み、可動域の制限、関節水腫に大きく分けることができます。

動作時の痛みは、日常生活で膝を動かしているときに痛みを感じはじめ、最初は立ち上がりや起き上がりのレベルでも、徐々に色々な場合に痛みが出始め、その長さも長くなってきます。

また可動域は膝の曲げ伸ばしの制限が主ですが、膝を伸ばして立ったりしゃがむ動作もしずらくなってきます。このように変形性膝関節症はほとんどが日常生活に支障をきたしてしまうと言えます。

少しでも膝の痛みを感じたら、1日も早く治療をすることが変形性膝関節症を改善させる一番の早道になってきます。

変形性膝関節症を解消する中川式治療法