炎症について



変形性膝関節症は、別名「変形性膝関節炎」とも呼ばれます。これは関節軟骨が磨耗によって破片化し、滑膜を刺激することで炎症が起こるためです。

また、変形性膝関節症は炎症が起こると、腫れや熱感、色が赤く変化したりしますが、症状としては比較的軽いものです。つまり主症状ではないために、関節炎と呼ばれることが多くなります。

しかし、症状が悪化した場合、適切な治療を受けなければなりません。炎症の悪循環が起こると、いつまで経っても本格的な治療をすることができなくなります。

変形性膝関節症の炎症が起こると、腫れや熱が出ますが、このことで応急処置としても有効なのがアイシングです。氷嚢を当てたりしてとにかく冷します。血管が収縮すれば血行が低下し、炎症も低下してきます。

また、冷し終われば血管が拡張して血行は高まります。冷したらそのまま1時間程度放置し、腫れも引いてきたら今度は温める、ということを繰り返す治療をする場合もあります。

膝が腫れる症状には関節水症が起こっている場合もあります。また、自発痛や可動時痛なども起こりますので、この場合、安静にすることが大切です。アイシングをして薬物を投与したり、他の部位は冷えないように温めることも大切です。

また、冷しすぎにも要注意です。膝をタオルなどで覆ってから冷たいものを載せると効果があります。冬場には凍傷が起こる場合もありますので要注意です。

冷すことも血行改善のためには重要です。慢性期の本格的な治療の準備をしておくために、炎症をできるだけ早く抑えておくことが大切です。

慢性的な痛みが起こったら、基本として今度は温める治療を維持します。適温のタオルを膝に当てたり、入浴もとても好都合です。温める場合にはやけどに注意しなければなりません。

とくに低温火傷を起こしやすいのがホッカイロです。間違えて長時間当てていないように注意が必要です。

また、変形性膝関節症の保存療法では様々な治療を用います。複雑な機能的装具やサポーター、足底板など色々とあります。

ですが、変形性膝関節症の治療は長期戦になることが多いので、症状がすぐに改善されないからといって、焦らないでください。

じっくりと治療を行いながら、症状と向き合っていくことが、変形性膝関節症の早期改善に繋がっていきます。

変形性膝関節症を解消する中川式治療法