TOP > 病院・手術 > 装具

装具について



変形性膝関節症の治療方法は大きく分けて、保存療法と手術療法の2つに分けられます。そして、保存療法ではリハビリテーションや装具、薬などが主に使用されます。

また、これらの組み合わせを用いることもあります。手術をする患者さんは重度の症状に至ってしまい、保存療法では決め手として不十分であると判断された場合のみですので、多くの患者さんは保存療法を試行することになります。

保存療法の中でも、特に安静にするために大切なのが装具ですが、主なものとして使用されるのが、筋肉痛などでも多く用いられているサポーターなどです。サポーターの効果は主に、動作をした場合でも安静にする効果と、膝関節を保温する効果です。

足底板はとても簡単に適用できる、靴の中に入れたり、足に直接履いたりすることで、特にO脚を矯正したり、動作時の膝への負担を減らす効果が期待できます。

また、患者さんもほぼ無意識で取り入れることができる方法で、特に高齢者の方への適用がしやすいというメリットがあります。テーピングを使用すれば、膝関節や他の下肢の部位の運動を誘導することができ、容易に安定性を作り出すことができます。

その他には、膝関節の安定性を高めるために、金属などでできたものを利用して動作をしやすくさせることもあります。症状によってはややおおがかりなものもあり、また装着が面倒であるというデメリットがあります。

杖を用いて歩行などの動作を助けることも試行されます。杖は特にバランスを使って色々な工夫を出来るようになると、効果も上がってきます。松葉杖をはじめ様々な種類のものがありますが、患者さんのタイプによって好ましいものを選択します。

サポーターやテーピングなどをを利用していけば適度に、あるいはそれ以上に患部を安定させることができ、可動範囲も広くなる傾向が強くなりますが、筋肉の衰えを持続させないように、合間を見て出来るだけ頻繁にリハビリを取り入れることが大切になってきます。

変形性膝関節症を解消する中川式治療法