TOP > 病院・手術 > 検査

検査について



変形性膝関節症の検査では、最終的な確定の前に画像診断をします。この画像診断の結果で、変形性膝関節症の症状が確定されることになりますが、その前に行われるのが問診や触診などの検査です。

問診では看護師さんや医師から質問されることについて正確に答える必要があります。変形性膝関節症の痛みが急に出てすぐに病院にかかった場合も、出来るだけ早く頭を整理することが大切ですが、出来れば基本的なことをまとめておいた方が、それらをアレンジしたりもできて便利です。

主なものとしては、痛みを感じる部位について、どのような動作で痛みがあり、また、大きい場合、小さい場合の条件について、痛みはいつからあるか、ひざを動かす際に雑音などが伴うかどうか、どのような痛みか、安静時の痛みは無いか、などです。

これだけでも基本的な内容に等しく、実際はより多くの質問があると考えて間違いありません。痛みが出た場所はたいてい、自宅と会社、通勤範囲、などに限られてくると思いますので、それらの場面を的確に思い出すことも大事になってきます。

また、問診の後は問診の内容を元に、ひざをベッドに置いての触診が行われます。ひざの硬さや曲がり方の形状などをチェックし、実際に動かしてみて曲がりを確認することもあります。

ひざの水を確認する場合は、ひざの皿のまわりを主に指などで確認します。画像検査では主に、レントゲンとMRIを使用した方法を用います。レントゲンでは骨の形や軟骨の隙間の幅などを測定してみることができます。

また、両足の長さや隙間の差がわかりますが、骨だけしか写らず、細かい診断ができないため、MRIを用いることが常です。MRIによって、関節の軟骨ばかりでなく、靭帯やひざにたまった水なども鮮明に見ることができます。

画像診断によってデータが揃えば確定診断がされますが、画像診断だけでは症状が分からない為、効果を発揮するのが問診のデータになります。診断はコミュニケーション能力が試される、といっても過言ではありません。

変形性膝関節症を解消する中川式治療法