TOP > 病院・手術 > 名医

名医について



変形性膝関節症では、保存療法で自然治癒がなかなか出来なければ、手術を決断することもあります。しかし、変形性膝関節症の症状が進行して、痛みが我慢出来ない場合、手術をすることになりますが、とても不安があるものです。

そして、出来れば少しでも腕のある医師に手術を受けたいと思う方は多くいらっしゃいますが、なかなかそうはいきません。

そうなると、自分で腕のある医師を探さなければなりませんが、書籍やインターネットなどの情報を利用される方も多いようです。メデイアでも大々的に紹介された方であればもちろん安心感も大きいと思います。

テレビのこれが世界のスーパードクター8という番組で紹介された、聖隷三方原病院の小堀真医師は、変形性膝関節症の人工膝関節手術の名医として知られ、人口関節センターの責任者でもあります。

変形性膝関節症の手術の際に使用する道具は、患者さんごとに最適に加工されるそうですが、人工素材を一ミリ以下の狂いもなく骨に合わせるためには必要な措置だそうです。

術後の磨耗、磨り減りがなく、変形性膝関節症の手術を受けたことで、何らかの不自然さがないようにすることが大切と考えられているとのことです。

このような先生であればすぐにでも予約をされたいという方がほとんどですが、実際は手術の予約はキャンセル待ちの状態で、たとえ待つとしても数ヶ月も先まで延ばされる可能性が高く、やはり1人の先生だけを探すのは不十分と言えます。

また、変形性膝関節症の名医を探す場合、その医師や病院についての治療実績、手術の経験数が多く、成功率も高くなければあまり信頼出来るとは言えません。

ですが、変形性膝関節症の手術をしなくても、症状を治してしまう名医もいます。その名医の名前は、中川卓爾先生です。中川卓爾先生は変形性膝関節症で悩む、延べ1000人以上を手術なしで治している名医です。

また、プロのインストラクターとして、毎年ホノルルマラソンなどにも参加し、プロのアスリートから、一般のランナーの膝のケアや体のケアをするために、参加しているそうです。42.195キロという距離を走ると、普通のランナーは、走り終わった後、歩くのも苦痛になります。

毎年行われる、24時間テレビのチャリティマラソンなどを観ている方ならご存知かと思いますが、毎年選ばれて走るランナーは最後、武道館についたときに立ち上がったり、歩くのも顔を歪めて辛そうにしているのが分かると思います。

フルマラソンも同様で、走り終わった後は歩くのも辛く、足がガクガクになります。ですが、中川先生のある治療を行うと、スタスタと歩けるようになってしまうとのこと。このことを知っているランナーは、フルマラソンを走り終えると、真っ先に中川先生の治療を受けにいくそうです。

このように名医と言えども、医師でなくても変形性膝関節症を完治させる治療家は数多くいるようです。ですので、医師や手術にこだわることなく、その他の方法で治していくという選択肢もあるようです。

また、変形性膝関節症は合併症も心配ですので、合併症の発生率もチェックすべきです。その他には医師の人柄なども要注意です。特にコミュニケーションを大事にされる方にとっては不安要素が増大してしまう場合があります。

また、本当に信頼出来る名医を1人の力だけでは、なかなか探すことが難しい場合もありますので、周囲の方のサポートが重要になってきます。

変形性膝関節症を解消する中川式治療法