TOP > 病院・手術 > 画像

画像について



変形性膝関節症の診断に有用な検査方法として、レントゲンとMRIがあります。レントゲン検査では、立ったままで膝の部分を撮影すると、関節の隙間の軟骨が見れますが、この部分が通常よりも狭くなっている場合は、軟骨が磨耗していることを裏づけます。

また関節の隙間のサイズによって、変形性膝関節症を進行の度合いが見てとれます。レントゲンで見た膝の上下の関節の間の間隔は、空洞のように見えますが、実は軟骨です。

この隙間の空き具合が、磨り減った軟骨の残りの量を表しています。この残っている軟骨の厚みは、MRIで撮影することでより鮮明に、はっきりと目で見ることができます。

また、軟骨のどの部分がどれくらい磨耗しているかも分かります。MRIは、強い磁場に身体を置いてから、コンピュータを使用して水素分子の配列を画像化する撮影、診断方法です。

MRIと比べれば、レントゲン写真は骨だけしか見えないより簡単な方法です。MRIで膝を撮影した場合、関節の軟骨、半月板、靭帯や膝に溜まってしまった水などが、内部の構造を含めてすべて見ることができます。

変形性膝関節症ばかりでなく、椎間板ヘルニアなどの多くの病気の確定診断に不可欠なものと考えられています。

この他の画像診断の方法として、関節内にX線を通しにくい液体、あるいはX線を通しやすい空気のどちらかを入れてレントゲンを撮影する関節造影法や、超音波が人体組織の中で反射するという性質を利用したエコー診断法、身体の部位の断面像を多角的に撮影可能なCTなどがあります。

MRIでは撮影に時間がかかることが多いため、CTの結果と上手く噛み合わせることで、より早い結果を導き出すことも多く用いられています。

これらの画像所見の結果は、その部位までを鮮明に移し出し、信憑性を深めることはできても、患者さんの自覚的な症状や知覚などの状況までは知ることは不可能です。つまり、問診や理学所見と合わせて参考にされることが常です。

変形性膝関節症を解消する中川式治療法