TOP > 関連ページ1 > 段階的な症状

段階的な症状について



変形性膝関節症は段階的に症状が出てくることが多く、最初の段階では痛みやしびれなどはほとんど無く、むしろ症状自体気が付かない方がほとんどです。

また、最初の段階では少々動きづらい程度の違和感が出ているかもしれませんが、それでも気にするようなものでないので、ほとんどの方が気づかれません。

変形性膝関節症が悪化していく原因は、加齢によるものがほとんどですが、関節部分を激しく使うことで軟骨がすり減っていき、症状が進行していく場合もあります。

この時点で治療を受けることが出来れば、症状を悪化させることなく、完治させることは可能ですが、先程ご説明したように、変形性膝関節症自体を気が付く事が難しいので、なかなか難しいとも言えます。

そして、変形性膝関節症が進行していくと、軟骨が完全に剥げてなくなってしまいます。こうなると膝に痛みやしびれが出てくるようになり、酷い状態だと、膝関節を曲げるだけでも、痛みやしびれを発生するようになります。

主な状態としては、関節の繋がっている骨同士が直接ぶつかっている状態になっており、これが酷くなると骨同士で削り合って、凸凹になってしまいます。

このような状態になりますとかなりの激痛を伴い、関節を動かすごとにダメージを与えていきますので、ここまで状態が進行すると、変形性膝関節症の末期状態となります。

そして、変形性膝関節症の最終段階ですが、骨同士の衝突が常に起こるようになり、関節と言うのが無くなってしまいます。要するに膝を曲げることが出来なくなり、最悪、関節を戻すことも出来なくなってしまいます。

そして、最終的にどちらの骨も全体にヒビが入り、真二つに割れてしまうこともあります。ですが、このような状態になることはかなり稀なのですが、放置し続けるとこのような深刻な状態なる場合がありますので、注意しないといけません。

このように変形性膝関節症は、段階的に症状が進行していきますので、少しでも膝に痛みなどを感じたら放置するのではなく、近くの整形外科などで出来るだけ早く受診し、治療を受けることが大切になってきます。

変形性膝関節症を解消する中川式治療法