TOP > 関連ページ2 > ガイドライン

ガイドラインについて



変形性膝関節症のように、根本的な原因が不明で、また評価基準もあいまいな疾病には、ガイドラインは重要です。

日本整形外科学会診療委員会によるもの、米国整形外科学会のものなど、国によっても診療基準が違いますが、新しく発表されたものについては、常に病院での治療においても参考にすることが多いものです。

最近のガイドラインによる重要な項目として、肥満の基準値であるBMIが25を超える変形性膝関節症患者さんの場合、症状を緩和するために最低でも5%の減量をする必要があること、患部に負担をかけない程度の有酸素運動を取り入れることにメリットが大きいこと、があります。

肥満、リハビリは常に大切な要素とされていますので、これらのことは基準値こそ違っても、変形性膝関節症の治療をする上で欠かせないと考えられることですが、特に重要視されている項目です。

この2つの治療法については、患者さん自身がある程度症状を見極めてリハビリのコツを見出したり、1人でも可能な生活レベルを決定できるようになるために必要です。

また、特に肥満解消は、変形性膝関節症の症状の進行を遅らせるためには、もっとも有効な手段であると判断されています。

また、グルコサミンやコンドロイチンを使用して軟骨を生成させることや生理食塩液による関節洗浄、効果が高いといわれているようなものを含めた下肢装具を使用して、サポートすることは避けたほうが良いとされています。

薬物療法については、鎮痛効果を期待する場合、非ステロイド抗炎症薬やアセトアミノフェンを投与することを推奨していますが、サポーターやテーピングなどの装具、また鍼治療、関節内ヒアルロン酸投与に関してはエビデンスが不十分とのことです。

どのような治療法を適用するかを決定する場合に、それまでには用いられていた方法でも、疫学的な理由から用いられなくなることもあります。

変形性膝関節症を解消する中川式治療法