OAについて



変形性関節症はOA(osteoarthritis)と呼ばれます。OAの好発部位としては膝関節がもっとも発症例が多くなっています。変形性関節症は慢性の関節炎を伴う病気のことで、関節を構成する各要素が退行、変性することで、軟骨の破壊、骨、軟骨の変化をもたらす疾患です。

また、変形性関節症は年齢とともに増加する傾向が強く、60才以上では80%以上の人が持っている症状と言われています。特に重労働をする男性に多く発症し、女性では肥満タイプの方が危険であるようです。

変形性膝関節症の原因としては、様々な要因が考えられます。主に膝への過重やひねりなどの負担をかけすぎること、また負担かけた後で、きちんとケアをせずに、そのことを繰り返してしまうことです。

変形性膝関節症を発症すると、初期症状としてはひざに痛みが生じたり、朝の置きあがりが不安になったりしますが、安静にしていることで痛みは治まります。

このことから治療を遅らせてしまうケースも多く、より進行させ、安静時の痛みや夜間痛などが顕著になってきます。主な治療法としては、初期には抗炎症薬、痛み止めの薬などを服用したり、痛み止めの入った湿布剤を塗ったりすることで痛みが緩和されます。

また痛みの緩和に伴って、衰えてくる筋肉を鍛えることも大切です。その場合、大腿四頭筋力の強化トレーニングがとても有効です。両膝の症状でなければ、杖などを使用して負担を軽減させ、車椅子を使用するケースもあります。

サポータを使用することでも、負担をかなり軽減でき、特に内側にいくにつれてすり減りが大きくなるO脚タイプの方の歩行、運動のサポートとして有効です。

OAを予防するためにはまず、肥満を解消すると共に、大腿四頭筋力の強化トレーニングを試行することが極めて大事と言えます。また膝のひねりや重労働をされる方は筋肉をクールダウンすることも必要です。

変形性膝関節症を解消する中川式治療法