写真について



変形性膝関節症の検査では、レントゲン写真(X線)を撮ります。立った姿勢で膝の写真を撮ることで、関節の隙間の軟骨が見られ、その部分が狭くなっているのであれば、軟骨が摩耗している証拠であると判断されます。

また、この隙間の度合いによって、変形性膝関節症の進行度合いが分かります。レントゲンの他には、MRI(磁気共鳴装置)によって、膝内部をみることで、軟骨がどのくらいの厚さか、どの部分がより摩耗が激しいか、などの詳細を診断することもできます。

正常な場合のレントゲンでは、軟骨はレントゲンが透過するため、隙間が写ります。立った状態で撮影し、足の状態はまっすぐかちょっとX脚の場合が多くなります。

また、変形性膝関節症の初期症状がある場合では、骨に骨棘と呼ばれるトゲができていて、内側の隙間が特に狭くなって、足の状態は軽度のO脚がみられます。

症状がより進行してグレード3のレベルを超えれば、内側から変形してしまい、軟骨のある部位の表面がばらばらになり、脛骨の内側がえぐれたように見えます。また、大腿骨や脛骨にも骨棘ができている場合があります。

このようにレントゲンによって変形性膝関節症の程度が比較的はっきりと分かります。この程度から状態を判断し、より部位を限定してMRIなどを撮影することで、診断が確定してきます。

変形性膝関節症は一般には老化現象の1つでもある、と言われています。しかし、高齢者でも起きない場合と起きる場合がありますので、一概に老化現象という言葉だけでは済まされません。

もちろん加齢が関係してくる病気であることには違いありませんが、過度の加重、スポーツ、外傷や肥満、O脚などの現代的な外的な要因が関係してくることは明らかです。

色々な要素が複雑に絡み合って発生する病気の1つです。レントゲンを見て、どのような状態かを考えるのは、医師ばかりでなく患者さんにとっても大切です。

変形性膝関節症を解消する中川式治療法